個別サポートの重要性 55レッスンの担任制度とは?

  公開日:2017/08/29
最終更新日:2019/09/26

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の生田です。

療育においては、お子様によって得意不得意は大きく異なります。
一人ひとりにふさわしい指導が求められる、ということは言うまでもないでしょう。
また、ご家庭での療育のなかで、疑問が出てきたり、「これでいいのかな・・・」と不安になったりすることもあるかと思います。
そんなときに、力になってくれるのが55レッスンの担任の先生です。

担任の先生とは


四谷学院では、すべての講座において担任制をとっています。
それは、一人ひとりの受講生を大切にして、細やかなサポートを実現したいと考えているから。
55レッスンでも専任の担任の先生がついています。
お子様が一人ひとり異なるように、担任の先生もさまざま。臨床心理士、社会福祉士、特別支援学校教諭といった有資格者、療育や特別支援の現場での指導経験をもっています。

55レッスン独自の研修システムにより、療育講座の担任として指導力を十分に身につけた担任が、お子様そしてご家族を完全サポートいたします。安心して、ご家庭での療育に取り組んでいただければと思います。

ご家庭とのやり取り

ご家庭(保護者様)と55レッスン担任のあいだでは、お手紙のような学習シートをやり取りします。

ご家庭から → 55レッスン担任へ
 「コミュニケーションシート」 

お子様の学習の取り組み方や普段の生活の様子をお聞かせいただきます。
うまくいったこと、課題になっていることなども記載ください。
55レッスン担任から →ご家庭へ
 「アドバイスシート」 

お子様の成長・変化を踏まえて、学習状況に合わせた指導をします。
そのほか、日常生活への活かし方や、問題解決の方法を具体的にお伝えします。

特別サポート!電話によるご相談

55レッスンについての課題は、担任の先生にしっかりポートいたします。
そのほか、課題内容以外でご質問ができる『電話指導』もご準備しました。

電話指導では、専門家である武蔵野東学園の先生に直接相談できます(受講期間中1回×30分)。教材のことに限定せず、トータルな相談が可能です。現場での指導経験豊富な専門家に直接相談することで、大きな安心を得られますから、ぜひ活用いただきたいサポートの1つです。
たとえば学校の選択や生活面などなど・・・お困りの点について気軽にご相談いただけます。

四谷学院の55レッスンはお子様一人ひとりに合った解決方法を考えます。
まずは、お気軽に資料請求してください。
パンフレットには「実際の指導例」も掲載。ぜひチェックしていただければと思います。

このページの先頭へ