自閉症・発達障害を抱えるお子様やその保護者・支援者の皆さまへ 通信教育のプロ×療育のプロによる四谷学院の療育発達支援 自閉症・発達障害を抱えるお子様やその保護者・支援者の皆さまへ 通信教育のプロ×療育のプロによる四谷学院の療育発達支援

四谷学院では「子どもの発達障害」について
「お子様」「保護者」「支援者」
それぞれの視点から多角的にサポートします。

療育とは

子どもとの関わり方を変えれば
子どもが変わる

「療育」とは、発達障害など様々な障害のある子どもが、その特性による生きにくさを改善し、より制約の少ない中で社会的に自立した生活を送れるように、医療や専門的な教育機関と連携して、主体的に生きる力を引き出し育んでいく関わりのことを言います。

こんなお悩みありませんか? こんなお悩みありませんか?

かんしゃくが多い、友達と遊べない、じっと話を聞いていられない、集団行動が苦手、言葉が遅い、不器用 かんしゃくが多い、友達と遊べない、じっと話を聞いていられない、集団行動が苦手、言葉が遅い、不器用
子どもの発達障害の特性について
「知る」ことが第一歩です

発達障害の子どもたちは、脳の発達の仕方が定型発達の子どもたちと少し異なりますが、病気ではありません。どんな子どもたちも、適切な支援や教育を受けることで、生まれ持った才能を発揮し、地域社会の中で豊かに生きていくことができます。

家庭療育のススメ

お子様の特性把握、環境を整える、継続した取り組み→適切な働きかけをすることで実生活での成長を実感 お子様の特性把握、環境を整える、継続した取り組み→適切な働きかけをすることで実生活での成長を実感

療育では、医療と保育・教育の両方の観点から、食事や着替え、トイレなどの生活スキル、運動、認知、言語、数概念、ソーシャルスキルなどについて働きかけていきます。専門的な機関で指導を受けるだけでなく、子どもの生活の基盤となる家庭での日々の関わりが非常に大切です。具体的な働きかけの内容は個人の障害特性により様々ですが、どのような場合であっても、できるだけ早くに療育を始めた方がよいとされています。
発達障害の子どもはその認知特性から、周囲の人や物と独特な関わり方をすることがあります。これが大人の目には「変わった、よくない行動」と映ることが多いため、子どもは叱られる体験が増えてしまいます。子どもの特性を理解せずに働きかけることは、本人にとっても保護者にとっても不適切な体験が蓄積されることを意味します。
こういった不適切な体験を減らすためには、できるだけ早くから子どもの特性を見つめ、子どもにふさわしい働きかけを日常的に行うことが何より大切です。子どもに寄り添った働きかけは本人のよさを引き出し、社会と向き合う力を高め、自分らしく充実した生活を送ることにつながります。

療育って何をするの?

療育は特殊な学習やトレーニングではありません。食事や排泄などの「生活」、身体能力を高める「運動」、挨拶・会話・マナーなど社会的に充実した生活のための「ソーシャルスキル」、読み書き算数を始めとする「勉強」、などの各方面について、総合的に発達を促していきます

発達障害の子どもは脳の働きの偏りのために、すぐに気が散る、じっとしていられない、五感が鋭すぎる(感覚過敏)あるいは鈍い(感覚鈍麻)、手先が不器用、言葉が出にくい、記憶する力(ワーキングメモリ)が弱い、人の気持ちがわかりにくい、などの特徴を持っていることがあります。そのため、日常生活の様々な場面で苦労することが多く、定型発達の人が何気なくこなすことにも難しさやつらさを感やすくなります。

定型発達の子どもは、たとえば人と目を合わせること、話すこと、読むこと、描く(書く)こと、数えることなど、特に教えられなくても成長・発達の過程で自然に習得していきます。ところが発達障害の子どもはこういったことを自然に身につけることが難しく、自分から積極的に取り組もうとしなかったり、できるようになるまで長い時間がかかったり、あるいは間違って身につけてしまうといった様子が見られます。正しく身につけるには、周囲の大人が関わり方を工夫し、子どもの特性に合わせて働きかけることが大切です。それが「療育」という関わりです。

お子様に合わせた
多種多様な療育の内容

生活
他者への関心を引き出す
落ち着いて生活できる環境を用意する
規則正しい生活リズムを整える
気持ちの切り替え
排泄の自立
食事のマナー
偏食指導
身だしなみ
整理整頓、清掃
etc…
運動
身体を適切に動かす
身体全体を使う
指先を使う
苦手な動きを取り入れる
遊具を使う
自転車等の乗り物に乗る
etc…
勉強
集中出来る環境を用意する
聞いて理解できる語彙を増やす
自分で使いこなせる語彙を増やす
文字の読み書き
文法
読解
作文
ものの個数を数える
数唱
計算 etc…

働きかけの内容は、子どもの発達段階や興味関心、得意・不得意などによって様々です。能力の得意・不得意の差が目立つ子どもが多いので、不得意な部分は細かくステップを分ける、わかりやすい教材・教具を使う、気長に繰り返す、といった丁寧な指導が必要です。得意な能力で不得意な部分をカバーできるよう、視覚情報に強い子どもには絵カードを使う、文字が読める子どもには口で伝えるだけでなく文字に書いて指導する、楽しい遊びの中にトレーニングの要素を取り入れる、などの働きかけも効果的です。

療育55段階プログラム
55レッスン

お子様といっしょにご家庭で取り組む療育の通信講座です。
学校法人武蔵野東学園の編集協力を得た、発達が気になるお子様のための家庭療育の教材です 。保護者用の「指導書」もついているので、家庭療育がスムーズに進みます。一人 ひとりに先生が付いて、お子様 にぴったりなアドバイスをします。ほかにはない「担任制」の通信教育です。

家庭でもスムーズに療育ができる
細かい配慮に富んだ教材

お子さまの「発達段階」にあわせて選べる教材シリーズ

1回の学習は10~15分でOK、バリエーション豊富で段階的に発展する「問題プリント」、知育に必要な内容を厳選した「絵カード」 1回の学習は10~15分でOK、バリエーション豊富で段階的に発展する「問題プリント」、知育に必要な内容を厳選した「絵カード」

  小学校就学前 就学後
教材の段階学習内容のめやす A段階 教材例を見る B段階 教材例を見る C段階 教材例を見る D段階 教材例を見る E段階 教材例を見る F段階 教材例を見る G段階 教材例を見る
  日常生活や学習の基本となる様々な能力を身につけます。 コミュニケーション能力や思考力を伸ばし、社会性を育みます。 小学校での学習や学校生活で必要となる基礎を身につけます。 D~G段階は各学年の学習内容・社会的スキルを学習します。
小学校就学前

A段階

学習内容の目安:2~3歳

日常生活や学習の基本となる様々な能力を身につけます。

問題プリント

絵カード

B段階

学習内容の目安:4~5歳

コミュニケーション能力や思考力を伸ばし、社会性を育みます。

問題プリント

絵カード

C段階

学習内容の目安:5~6歳

小学校での学習や学校生活で必要となる基礎を身につけます。

問題プリント

絵カード

小学校就学後

D段階

学習内容の目安:小学1年生

D~G段階は各学年の学習内容・社会的スキルを学習します。

問題プリント

絵カード

E段階

学習内容の目安:小学2年生

問題プリント

絵カード

F段階

学習内容の目安:小学3年生

問題プリント

絵カード

G段階

学習内容の目安:小学4年生

問題プリント

絵カード

療育55段階プログラム55レッスンの詳細はこちら

発達障害児
ライフスキルトレーナー
資格認定講座

将来、子どもが社会の中で生きていくために必要になってくる「生活スキル」を家庭でトレーニングするための通信講座です。子どものことを一番よく知る保護者がトレーナーとなって、いっしょにライフスキルトレーニングを進めていくことができます。

「どんな風に教えてあげれば
いいのか分からない」

たとえばうがいの仕方、あいさつの仕方、爪切りなど、私たちが当たり前にやっていることを、子どもに教えるのは意外に難しいものです。園や学校ではなかなかチャンスがないけれど、家庭でならできる!ということは実はたくさんあります。お子様にとっての最高のライフスキルトレーナーになりませんか?

オール動画のオンライン通信講座です

パソコンやスマートフォンでご視聴いただけます。スモールステップのカリキュラムになっているので、お忙しい方でも無理なく学習を続けることが可能です。受講後、認定試験を受験して「発達障害児ライフスキルトレーナー」の資格を取得できます。

  • 自宅受験可能。
  • 保護者の方のための講座ですが、ライフスキルトレーニングについて学びたい方であれば、どなたでもご受講いただけます。

発達障害児ライフスキルトレーナー資格認定講座の詳細はこちら

発達障害児支援士
資格認定講座

小学校や幼稚園、保育園、放課後等デイサービスなどの支援施設などの先生方や、児童向けの習い事の先生、病院・クリニックの方、障害者支援などの福祉関係の方など、子どもに関わるお仕事をされている支援者・指導者のための通信講座です。

「ハウツー」だけでなく、
支援スキルを底上げ

  • 気になる子がいる
  • クラス運営に悩んでいる
  • 同僚の協力を得たい
  • 保護者との信頼関係の構築に悩んでいる

子どもの「問題行動」にスポットをあて、その理由を探り、対応方法を考えていく過程を学ぶことで、支援の引き出しを増やし、経験値を高めることを目的としています。

オール動画のオンライン通信講座です

パソコンやスマートフォンでご視聴いただけます。スモールステップのカリキュラムになっているので、お忙しい方でも無理なく学習を続けることが可能です。受講後、認定試験を受験して「発達障害児支援士®」の資格を取得できます。

  • これから支援者を目指す方、保護者の方など、どなたでもご受講いただけます。
  • 発達障害児<専門支援士>などの上位資格、継続学習のための発達支援プレミアム会員制度も開講しています。
  • 団体・法人で受講される場合は「研修コース」をご利用ください。

発達障害児支援士資格認定講座の詳細はこちら

四谷学院の
未来への希望

私たち四谷学院の基本理念は「だれでも才能を持っている」

この考えのもとに、私たちはたくさんの方々と成長の喜びを共にし、自己実現が達成される現場に立ち会ってきました。この「だれでも才能を持っている」という考え方は、最近の脳研究の急速な発展によって科学的にも確かめられつつあります。

人間の脳細胞の総数は数百億とも一千億とも言われています。この脳細胞のうち、通常はたらいているものはわずか7%に過ぎません。

自閉症や発達障害は脳の機能的障害が原因であるとされています。これらの傾向がある子どもたちにとって、早期療育の質は決定的な意味を持ちます。脳の発達期にある子どもたちに適切な療育を施すことによって、脳の新たな分野が活性化され、神経のネットワークが作られます。それによって、これまで困難に感じられたこと、子どもたちが苦手とすることであっても、適正な行動がとれるようになり、実社会に適応できていくようになるのです。

そしてもうひとつ、すべての子どもたちにわかる喜び、できる自信を感じてほしいと私たちは願っています。本来、学ぶこととは楽しいことです。できることが増えていく、知っていることが広がっていく、その喜びが自信になり、新しい学びへとチャレンジしていく気持ちが育ちます。

「発達支援」は現代社会における課題のひとつです。既存のサポートだけでなく、家庭における療育のニーズに応えていかなければなりません。さらに、実際の保育や教育の現場における支援者のスキルアップ、そして周囲の人の発達支援への理解も広げていくことがまさに急務だと言えるでしょう。
そのため四谷学院では、家庭療育の実践をサポートこと、そして発達支援のための人材育成を行っていくことは、私たちの社会的使命であると考えています。

「発達障害をあきらめない」

お子さまやご家族、そして支援者の皆さまが、より豊かで実りある人生を歩んでく支えとなること、それが私たちの願いです。

取材のお申込み

各種メディアによる当プログラムの紹介を目的とした取材・お問い合わせを随時お受けしております。
事前に企画書をFAXいただければ、検討の上ご連絡を差し上げます。
取材・宣伝・広告のお申込みはこちら

自閉症や発達障害の子どもを対象に、ご家庭で手軽に取り組める療育プログラム・通信教材をご紹介しています。自閉症や発達障害の療育なら四谷学院の療育55段階プログラムにおまかせください。