発達障害児支援士 資格認定者の声「インタビュー」を公開しました

  公開日:2020/10/29

※この記事は約2分で読めます。

発達障害児支援士資格認定講座の修了者インタビュー動画を公開しました。

こちらからご覧いただけます。

受講体験記 動画を見る

ベテランの指導者にもおすすめします

今回、オンラインでインタビューをさせていただいたのは、児童発達支援施設で働くベテランの方です。
さらに専門性を高め、公でも名乗れるような資格が欲しいということで、今回チャレンジされました。

実は、この講座の開講当初は、「経験の浅い支援者の方」や「これから支援者を目指す方」がメインの受講だったのですが、徐々に口コミで広まり、ベテランの方も多くご受講いただくようになりました。

今回のインタビューの中でも伺っているのですが、
「きっともうわかっていることばかりの、基本的な内容だし、ベテランの方の満足度ってどうかな?」
と、気になっていたんです。

そうした問いに対して
「ずっと指導していくと自分の癖みたいなのが出てくるんですけど、こういうのをもう一度学び直すと反省の機会になる」
とのこと。

目からうろこでした!

ベテランならではの使い方

さらに
「指導する時に「どうしようかな・・・?」て思った時に
『(通信講座の教材では)何て言ってたかな?』みたいな
振り返る“辞書”というか、“考える土台”になった。」

という嬉しいコメントを頂けました。

発達支援は、子どもの数だけ指導法があります。
「これが唯一の正解です」なんてことはありません!!

だからこそ、子どもをよく見る、色々な可能性を考える、ということがとても大切になってきます。
とは言え、何もないところでいきなり考えるのは難しすぎますよね。
経験を積めばよい、と言っても、何年も何十年もかかるでしょう。

この講座では考えるための基礎を学べます。
「あるある」を具体的に知ることで、次に進むヒントを得ていただける講座になっていると思います。

資格を取ることで自分自身の意識の持ち方も変わってくるはず。
さらに幅広い支援を行える人材へと成長していけます。

なお、発達障害児支援士資格取得後には、発達支援プレミアム会員制度もご案内しています。
気になる方は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ