通常学級(通級指導教室利用)を選ぶメリット・デメリット

  公開日:2017/08/17
最終更新日:2018/02/12

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、55レッスンの生田です。

一般的な学級を「通常学級」と呼びますが、通常学級に籍をおきつつも、お子様の障害にあった特別な指導を行うクラス教室のことを通級学級指導教室と呼びます。
週に何回かこのような特別のクラス通級指導教室で行われる指導のことを通級学級による指導といいます。

お子様にとって、通常学級(通級学級通級指導教室利用)がベストなのか?
誰もが悩まれることと思います。。

通常学級(通級学級通級指導教室利用)のメリット・デメリットや55レッスンの受講生からの体験談・口コミをご紹介しますので、参考にしてください。

メリット

最も大きなメリットは、通常学級の子どもとコミュニケーションから、多くの刺激をう受けることができるということです。

メリット(例)
○ 通常学級の子どもとコミュニケーションがとれる機会が多い
○ 通常学級の子どもと同じ授業が受けられる
○ 通級によって必要な支援を受けることができる
○ 2017年度より通級指導の教員の拡充が図られ、より手厚い指導が受けられるようになると期待できる

 

デメリット

メリットもある一方で、特別支援学級とは異なり、ストレスを感じる場面があるというデメリットもあります。

デメリット(例
○ 通級学級通級指導教室が在籍校にない場合、外へ通わなければならない
○ 通級学級通級指導教室との行き来がストレスになる場合がある
○ 学級数や対応の地域差が大きい
○ 高校では通級制度が整っていない(2018年度から開始予定)

 

体験談・口コミ

 

実際に通常学級(通級学級通級指導教室利用)を選んだ保護者の方からの体験談をご紹介しましょう。

●体験談・口コミ

A さん
補助の先生や担任の先生が適切にサポートをしてくださいます。子どもが安心できる環境・体制が整っていると思います。
B さん
クラスメイトが良いお手本となってくれています。自然とフォローもしてくれまして、子どもも困り感を持たずに過ごせています。
C さん
学習についていくことが難しくなり、特別支援学級へ移ることを勧められました。しかし、子ども本人が抵抗を感じているため、どうしてあげるのがよいか悩ましい状況です。
D さん
クラスメイトやその保護者に、うちの子どもの特性を伝えるべきかどうか?もし伝えるとすればいつ、どのようにすればよいか?という点で迷っています。

まとめ

体験談でもご紹介したように、「近隣の小学校にどのような学級が用意されているか?」という条件によって、大きく変わってくる部分です。
まずはお住まいの市区町村の就学相談窓口・ホームページで調べてみましょう。

55レッスンの教材は、自宅学習はもちろん、学校での採用実績があります。
授業の中で使うだけでなく、宿題の代わりとして活用していただくいているケースもあります。

まずは資料をご請求ください。導入体験談もお読みいただけます。
学校に資料をお持ちいただき、活用方法についてご検討いただければと思います。

四谷学院療育55段階プログラム
資料請求ページへ

このページの先頭へ