前の記事 » 
次の記事 » 

【発達障害を学ぶ】満足度の高いオンライン講座・オンラインセミナーとは?

  公開日:2021/11/01

※この記事は約5分で読めます。

以前から資格対策として社会人向けスクールや通信学習・通信講座がありましたが、近年コロナ禍やネット環境の充実もありオンライン講座が人気です。
時間や場所を選ばず、子育てや家事、お仕事などをしながらでも発達障害について学んだり、経験を活かした資格を取得することができるんです。

この記事では、発達支援・発達障害について学ぶことのできるオンラインの通信講座をご紹介します。

ニーズに合わせた講座選び

「発達障害を学ぶ」と言っても、様々な目的があります。
どんな場面で活かしたいのか、今どんなことに困っているのか、学んだことで何を得たいのか…
それによって、選択すべき講座が決まってきます。お一人ずつどんなふうに学びたいのか、ニーズに合わせた講座選びをしましょう。

注目度の高い「発達障害児支援士」

こんな方にお勧めです。

・発達障害について基礎的なことを、わかりやすい解説してほしい
・支援の現場で必要な実践的知識やスキル、支援の引き出しを増やしたい
・今後の支援の方針を見つけたい
・資格を取って自分の支援に自信を持ちたい

発達障害児支援士資格認定講座は、保育園や幼稚園、小学校、放課後等デイサービスや児童発達支援施設などで働く方を対象としている講座です。これから転職・就職を目指す方や学生の方にも受講していただけます。実際には、保護者の方の受講も多いんです。

まだ経験の浅い支援者・指導者の方はもちろん、ベテランの方や加配の先生、医療従事者など、子供と関わる様々な方が受講されています。
発達支援はその性質上、個別の支援・指導が多くなりますが、この講座では集団活動における指導・支援についてや、保護者支援についても学びます。
障害のある子、診断はないが気がかりな子、その周りのお友達や保護者など、クラスや教室といった集団の場での支援・指導のコツを身に付けることができます。
発達支援で歴史のある「武蔵野東学園」の編集協力を得た講座であり、実際に効果のあった方法をご紹介しているので非常に実践的です。ただ理論を学ぶだけでなく、さらに一歩先を行く支援を学ぶことができるでしょう。

>発達障害児支援士資格認定講座はこちら

さらにプレミアム会員制度で継続的な学びも実現

発達障害児支援士資格認定講座にプラスして「プレミアム会員制度」に申込むことができます。
プレミアム会員では、「事例研究動画ストーリー」を毎週見ることができ。この「ストーリー」と呼ばれる動画は具体的な事例を取り上げて、発達支援士としてできること、あるいは現場の支援者・指導者としてできることを、毎回テーマ別に学んでいきます。申込後に配信されるものだけでなく、過去の配信動画も見ることができます。気になるテーマだけまとめてみることも可能です。
※同時受講も可能

オンラインセミナーの満足度は100%

プレミアム会員が参加できるオンラインセミナーの満足度が非常に高く、クオリティの高いセミナーが実施されています。
※一部、発達障害児支援士資格認定講座受講生も参加可能。

オンラインで取得できる資格です

発達障害児支援士資格の認定試験はオンラインで行われます。
講座の受講期間は1年間、あなたのペースで学んでください。1年以内に認定試験を受験、合格すれば「発達障害児支援士」の資格が認定されます。
なお、標準学習期間はおよそ半年。目標をもって計画的に学習できますし、お忙しい方でも余裕をもって学習できますね。

保護者向け資格、ライフスキルトレーナー(LST)

こんな方にお勧めです。

・発達障害について基礎的なことを、わかりやすい解説してほしい
・家庭で、今そして将来、子どもに必要なトレーニングをしたい
・毎日楽しく子育てをしたい
・資格を取って、自分の経験を活かしたい

発達障害児ライフスキルトレーナー資格認定講座は、発達障害のあるお子さまの保護者を対象としている講座です。診断の有無にかかわらずご家族の方にも受講していただけます。「療育55段階プログラム」と並行して受講している方も多いんです。

まだ経験の浅い支援者・指導者の方はもちろん、ベテランの方や加配の先生、医療従事者など、子供と関わる様々な方が受講されています。
発達支援はその性質上、個別の支援・指導が多くなりますが、この講座では集団活動における指導・支援についてや、保護者支援についても学びます。
障害のある子、診断はないが気がかりな子、その周りのお友達や保護者など、クラスや教室といった集団の場での支援・指導のコツを身に付けることができます。
発達支援で歴史のある「武蔵野東学園」の編集協力を得た講座であり、実際に効果のあった方法をご紹介しているので非常に実践的です。ただ理論を学ぶだけでなく、さらに一歩先を行く支援を学ぶことができるでしょう。


>ライフスキルトレーナー資格認定講座はこちら

療育55レッスンとの併用も人気

お子様は「療育55段階プログラム(通称:55レッスン)」で学び、保護者は「ライフスキルトレーナー資格」を目指して学ぶ、という双方向での学びをされている熱心な方も少なくありません。

55レッスンはA段階からG段階まで、お子様の発達に合わせて受講することができます。A段階の前にも、あるいはG段階の後にも、家庭で療育ができるように、保護者が発達支援について学びたいというニーズもございます。また、55レッスンに付属の保護者用の「指導書」を読み、より深く学んでみたいを感じた保護者の方の受講も多くなっております。

子どもも親も一緒に学ぶことで、より前向きな気持ちになれることが期待できます。

 

四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
  • お子様の講座はこちら
  • 保護者様の講座はこちら
  • 支援者の講座はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  発達障害児支援士 よくあるご相談 ライフスキルトレーナー  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ