前の記事 » 
次の記事 » 

国立特別支援教育総合研究所の「研究所公開」のご案内

  公開日:2018/11/06
最終更新日:2018/12/10

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、55レッスンの生田です。

この記事では、毎年11月に行われる国立特別支援教育総合研究所の「研究所公開」をご案内します。

研究をはじめとする様々な活動の成果を教育関係者の方だけでなく、地域住民の方にもわかりやすく紹介するイベントです。
特別支援教育への理解が深まりますよ。

国立特別支援教育総合研究所とは?

国立特別支援教育総合研究所は、1971年(昭和46年)に「国立特殊教育総合研究所」として設置されました。
2001年(平成13年)に独立行政法人に移行し、2007年(平成19年)には「国立特別支援教育総合研究所」となりました。
当研究所の目的は以下の通りです。
「特別支援教育に関する研究のうち主として実際的な研究を総合的に行い、及び特別支援教育関係職員に対する専門的、技術的な研修を行うこと等により、特別支援教育の振興を図ることを目的とする。」

▼国立特別支援教育総合研究所 ホームページ
http://www.nise.go.jp/nc/

発達障害教育推進センターでは、発達障害教育に関する理解啓発活動を行ったり、支援の充実を図るためのセミナーを開催したりしています。

なお、インターネットによる講義配信も行っており、最新の特別支援教育関連情報を提供しています。
学校教育等に関わる方だけでなく、保護者や福祉・医療従事者など、どなたでも登録が可能です。

▼国立特別支援教育総合研究所 インターネットによる講義配信
http://www.nise.go.jp/nc/training_seminar/online

イベント情報

日時: 平成30年11月10日(土)9時30分~16時(15時受付終了)
◇ 場所: 国立特別支援教育総合研究所
◇ 費用: 無料  事前申込み不要です

研究所公開!今年のプログラムは?

平成30年度研究所公開のプログラム内容を一部抜粋してご紹介します。今年も盛りだくさんです!

・ノンフィクション作家・中村勝雄氏による講演(13:30~14:30)

・障害者スポーツ体験「ボッチャ」

・特別支援教育の視点からの教材づくり・教具体験

・ミニ講義「発達障害の特性に関する疑似体験」

・障害のある子どものための教育支援機器の展示・実演

・障害のある子どもに対する生活環境面での身近な配慮や工夫の紹介

など

注目!ノンフィクション作家・中村勝雄氏による講演

今回の特別プログラムとして、重度の脳性まひで車いす生活を送る中村勝雄氏を迎えての講演会が行われます。
中村さんの著書『もう一度抱きしめたい‐脳性まひの僕に舞い降りたダウン星の王子さま』に込められた思い、そしてその後に生まれた二人のお子さんにまつわる育児についてのお話が聞けます。

研究所公開に関する詳細&問い合わせ先

普段なかなかできない体験ができたり、知識を深められたりといったことが、無料でできてしまうんです(一部有料プログラムあり)。
イベント情報の詳細は、下記のページでご覧いただけます。
年に一度の研究所公開、ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

独立行政法人国立特別支援教育総合研究所
総務部総務企画課総務・広報係
〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5-1-1
Tel: 046-839-6810
Fax: 046-839-6918
E-mail: a-koho@nise.go.jp

▼「研究所公開」イベント詳細
http://www.nise.go.jp/nc/laboratory_release

四谷学院55レッスンも、研究所内にあります発達障害教育推進センター展示室にて、発達障害のある子どもの教育に活用できる教材として展示していただいています。

55レッスンは、ご家庭でできる療育の通信講座です。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  イベント・お知らせ  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ