前の記事 » 
次の記事 » 

療育の通信講座 グレーゾーンでも受講できる?

  公開日:2018/11/14
最終更新日:2018/11/05

※この記事は約4分で読めます。


こんにちは、55ホームレッスンの生田です。

今年度も折り返し地点を過ぎ、学校の学習も難しい単元が増えてくる時期ですね。
最近、55ホームレッスンでは、いわゆる「グレーゾーン」のお子様の受講についてご相談いただくことが増えてきました。

この記事では、診断の出ていないお子様、いわゆるグレーゾーンのお子様の療育についてお話します。

診断がなくても「心配」は同じ


就学前の健診では、「グレーゾーン」「様子をみましょう」などと言われていました。
でも、小学校に入学後、お友達もでき、元気に学校に通っていたのでホッとしていたんです。
でも、親の知らないうちに授業がどんどん進んでいて、子どもがいつの間にかついていけなくなっていました。
先生からも「ご家庭でもフォローをお願いしたい」と言われてしまって。
塾や一般通信講座は、この子には難しすぎるし、「療育」は聞いたことがあるけど、うちの子くらいだと対象外になるのかなと思って。

55ホームレッスンは発達障害の子ども向けということですが、うちの子のように診断がなくても申し込めるんでしょうか?

うちの子、診断は出ていないのですが、学校の勉強がどんどん難しくなってきて。担任の先生からは、しばらく様子を見ましょうとは言われていたのですが、ここのところ、授業についていけてないみたいで不安なんです。ですから、何か家でやれないか、やらなきゃ!と思うのですけれど、宿題をするのでも悪戦苦闘で、つい怒鳴ってしまったり「もう、自分でやりなさい!」とか言ってしまいます。
正直なところ、何をどう教えたらいいかわからないんです。

55ホームレッスンは発達障害の子ども向けということですが、グレーゾーンの子どもがやっても効果は出るんですか?

こんな風なお電話をいただくことは、珍しくありません。

1日の大半を過ごす学校で、お子様が授業についていけてないと聞いたら、心配になりますよね。
「何か家でできることがないか?」お子様に「学校の授業楽しい!」と思ってほしい、そう思うのは当然のことです。
そして、診断の有無にかかわらず、子どもの特性を踏まえた学習フォローをするのはとても大切なことです。

四谷学院の55ホームレッスンは、発達障害のお子様はもちろん、診断がないお子様でもご受講いただける家庭療育の通信講座です。

無学年制だからつまずきを見つけられる

さて、「今、うちの子は小学校3年生だから、3年生の段階を申し込まないと・・・」
そう思っていませんか?

55ホームレッスンでは、学年の枠を取り払って、学習状況を確認することをおススメしています。これまでの学習を振り返ることで、つまずきの原因が見えてくるはずです。そして、今の年齢・学年に関わらず、お子様の状況に合った段階からスタートします。

「割り算ができないけど、実は九九が覚え切れていなかったことが原因だった。」
「漢字が難しくなったせいかと思っていたけど、前の学年で習う漢字も怪しかった。」

こんな風なつまずきのあるところまで戻って、抜けている穴を埋めていくことができます。
しかも!55ホームレッスンでは、スモールステップで学習を進めていきます。
だから、理解があやふやなまま授業が終わってしまったところでも、もう一度じっくりと取り組めるのです。
お子様が「できた!」と達成感を味わいながら、理解を促していくことができます。

四谷学院の55ホームレッスンはどなたでも受講いただけます。

「55ホームレッスンって診断がなくても受講できるの?」
「グレーゾーンでも効果はありますか?」

こんなご質問をいただくことがありますが、55ホームレッスンは、発達障害の診断を受けていなくても、どんなお子様でもご受講いただけます。
担任の先生がお子様のご様子に合わせて指導方法を丁寧にアドバイスするので、お父様お母様の「教え方がわからない」というお悩みも解消できますよ。

「もう●年生だし、今からじゃ遅いかしら?」などと思う必要はありません。
思い立ったが吉日、55ホームレッスンではいつでも学習をスタートしていただけます。
ホームページよりお気軽に資料をご請求くださいね。

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  55ホームレッスンについて よくあるご相談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ