前の記事 » 
次の記事 » 

チックとは?トゥレット症候群とは?【発達障害・発達支援・子育て支援の四谷学院】

  公開日:2021/09/13
最終更新日:2021/09/07

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の生田です。

・パチパチとまばたきを繰り返す
・鼻をフンフンと鳴らす
・肩をすくめる

こうしたクセはチックと言い、発達障害のあるお子さんの中にしばしば見られることがあります。
今日は、チックについて解説していきます。

チックとは

チックとは、自分の意思に関係なく、突発的に体が動いたり、声が出たりします。
一般的に男の子に見られることが多いとされています。

チックは、大きく運動性チック音声チックの2つに分けることができます。

運動性チック
突発的に体が動くチックです。

例:何度も首をひねる、鼻水が出ているわけでもないのに鼻をすする、過度にまばたきをする、肩をすくめる

音声チック
突発的に声が出るチックです。言語チックとも言います。

例:咳払いをする、「あれ、あれ、あれ」など同じ言葉を繰り返す

また、それぞれ動作の持続時間により単純性チック、複雑性チックに分類されます。

単純性チック
鼻をすする、首をひねるなど
複雑性チック
人の真似をする、物のにおいを嗅ぐなど
 

トゥレット症候群(トゥレット障害)とは

チックの頻度が高く、症状が1年以上継続しており、運動性チックと音声(言語)チックの両方が見られる場合にはトゥレット症候群(トゥレット障害)と言います。

トゥレット症候群では、罵声や卑猥な言葉、不謹慎な言葉などを無意識に言ってしまう汚言症が見られることがあります。

チックのある子どもへの関わり方

単純性チックの場合、生活への支障はほぼなく、自然に落ち着くことが多いため、特別な治療は必要ありません。
一方、長期間にわたり複雑性チックが見られる場合には、子どもが何かしらストレスを感じている場合もあるため、一度医療機関で相談をすると安心でしょう。

また、園や学校で過度な負荷がかかっていないかにも留意しましょう。
子どもはやりたくてその行動をとっているわけではないため、「やめなさい!」と叱責することは望ましくありません。
周囲から指摘されて本人が気にすることもあるため、園や学校の先生を通じて周りの友達からも理解を得られるよう配慮してもらえるといいでしょう。
ストレスの原因と思われることがあれば、なるべくストレスを軽減させます。

トゥレット症候群の場合、人と目が合う度に首をひねるなど多発性の運動性チックと音声(言語)チックを併せ持っているため、子ども自身が自分の行動を苦痛に感じていることが多くあります。
また、中にはADHD(注意欠如・多動性障害)や強迫性障害を併発しているケースもあります。症状により子ども本人の社会適応が難しくなっている場合には、薬物療法での治療を検討できるといいでしょう。
もちろん、症状があっても社会適応をして問題なく生活を送ることができるケースもあるため、子どもの気持ちを尊重して対応していくようにしましょう。

 55レッスンでは、お子さんの安心できる家庭で療育を行うことができます。  55レッスンについて詳しくはホームページでチェック!

 

四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
  • お子様の講座はこちら
  • 保護者様の講座はこちら
  • 支援者の講座はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  多動 二次障害  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ