前の記事 » 
次の記事 » 

正しい座り方3つのポイント

  公開日:2017/10/02
最終更新日:2017/10/03

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の療育通信講座、ブログ担当のnecoです。

 

55レッスンでは、学習中にじっと座っていられないというご相談をよくいただきます。
大人はそれほど意識しないかもしれませんが、実は「座り続ける」ことは、身体にとってはなかなか負担の高い活動です。

学習に集中するには、姿勢はとても大切なポイントです。
そこで今回は、正しい座り方について考えてみましょう。

正しい座り方3つのポイント

正しく座るために意識するべきポイントは3つあります。

○足の裏をぴったりと床につける
○浅めに腰かけ、背もたれにもたれかからない
○骨盤を前傾させる(=背筋を伸ばす)

 

座る姿勢のポイントは「骨盤」

人体の骨格構造は、背筋を正しく立てて座ると、骨盤が前に傾くようになっています。
一方、背中をダランと丸めると、骨盤が後傾します。
いわゆる「猫背」の姿勢です。
骨盤を立てて、背骨が自然なS字のカーブを描くように座るのが、正しい姿勢です。

背骨の自然なS字カーブはこんな感じ

 

身体を自然な使い方で動かそう

背もたれにもたれかかると、骨盤が後ろに傾きます。
その状態で机の上でものを書こうとすると、骨盤を後ろに傾けたまま背骨を前に曲げることになり、身体の使い方としては不自然になります。
不自然な使い方をすると身体には無理がかかり、疲れやすくなりますし、作業効率も落ちます。
正しく座ること=身体を自然に使うこと、であり、最もパフォーマンスの良い生活の仕方です。

足の裏で支える

足の裏をぴたりと床につけることで、骨盤を立てた身体の重さを支えることができます。

よく電車の中などで、背もたれにダランともたれかかって、ほとんど座席から落ちそうになって座っている人がいますね。
ああいう状態の人をよく見ると、ほとんどの人が足をダラリと前に投げ出しています。
あんなふうに座っていると、身体の使い方としてはかえってくだびれるはずなのですが、、、難儀なことですね。
あの状態から立ち直るには、足の裏を床にしっかりつけてあげると良いのです。
足の裏を床にしっかりつけていれば、骨盤を立てたほうがラクなので、あの姿勢にはなりません。

 

 

骨盤が前傾する・後掲するイメージがつかみにくい場合は、「骨盤 座位」と検索すると、骨格のイラストがたくさん出てきますのでご参考までに。
イラストを見ながら、ご自身の身体で試してみてくださいね。

 

次回のブログでは、具体的に座り方を指導するための方法を見ていきましょう。
それでは、また!

 

次のブログ ⇒ 座り方指導の4つのポイント

 

 

55レッスンの担任はただ教材の通信添削をするのではありません
姿勢や感覚の問題も含め、お子さんの学習を総合的に支援します

四谷学院療育55段階プログラム 資料請求はこちらから

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  学習支援 感覚 身体・運動  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ