前の記事 » 
次の記事 » 

自閉症の子の文字の勉強法 単語の構成を学ぶひらがな遊び

  公開日:2017/08/25
最終更新日:2017/12/22

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは。四谷学院の療育講座、ブログ担当のnecoです。
 

自閉症の子どもの文字学習の壁

 
ひらがなを勉強し始めた子どもたちの大部分がぶつかる壁、それは

特殊音節!
 
こ (促音)

ベツ (拗音)

プリ (撥音)

ツ (長音)
 
これが特殊音節4兄弟です。
 
特殊音節を含む単語を正しく書けない児童は

通常学級にも必ず何名か在籍していると言われているくらい

特殊音節は子どもたちにとっての難敵。
 
そこで今回は、ひらがなの読み方や形をある程度覚えた子どもたち向けに

「単語を構成する文字」の意識を高めるゲームをご紹介します。
 

プチいじわる単語並べゲーム

 
<用意するもの>

・絵カード

・ひらがなカード(清音・濁音・半濁音・特殊音節の各種)

・ひらがなカードを置くための枠
 
<遊び方>

絵カードの下に、文字数分の枠をセット。

ひらがなカードを一文字ずつ手渡して、正しい位置に置かせる。
 

 
語頭の文字から順番に渡すと難易度が下がり、

特殊音節や語中・語末の文字を先に渡すと難易度が上がります。

このゲームは「プチいじわる」ですから、語頭の文字から渡してしまっては意味がありません。

上の図のように、できるだけ難しそうなところから文字を渡しましょう。
 
難しい場合はお手本の文字列(この場合は「でんしゃ」)を提示してヒントを出します。
 
ご本人が興味を持っているもの・好きなものを題材にすると楽しいでしょう。
(乗り物が好きならば、「ダンプ・ショベルカー・トラック」など、
プリンセスが好きならば、「ラプンツェル・ジャスミン・シンデレラ」など。)
 

 
ひらがなカードを並べて単語を作る遊びは一般的によく行われています。
(55レッスンの課題にも含まれています! ^ ^)
 
今回ご紹介したプチいじわるゲームは、

本当に特殊音節を理解しているかどうか

本当にその単語の構成(文字の並び順)が身についているかどうか

確認するために効果的です。
 
「ゃ」から渡されると、大人でも一瞬迷って

思わず頭の中で (で・ん・し・ゃ) と確認してしまうと思います。

(あれ?私だけ?)
 
 
55レッスンを受講中の方は、教材の絵カードやひらがなカードを使って簡単に遊べます。

ぜひご家族で楽しんでみてくださいね。
 
それでは、また!
 

 
55レッスンでは、課題以外の時間にもご活用いただける教材を豊富に取り揃えています。
 
四谷学院療育55段階プログラム
資料請求はこちらから

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  学習支援 遊び  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ