前の記事 » 
次の記事 » 

おうちでワーク!今だからこそ知っておきたい「あったか言葉とチクチク言葉」

  公開日:2020/06/03

※この記事は約8分で読めます。

こんにちは、55レッスンの生田です。

緊急事態宣言が解け、学校も順次再開となりましたね。ようやく学校生活がスタートできてうれしい一方、学習の遅れや今後の収束について心配事も付きまといます。お子様も、不安や戸惑いを感じているかもしれません。

そんな不安を少しでも解消できるよう、今日はおうちできることの一つとしてあったか言葉とチクチク言葉のワークをご紹介します。

ワークに取り組んでみよう!

「あったか言葉」「チクチク言葉」は、園や学校で教わることもあります。
まずはお子さんに「あったか言葉とチクチク言葉って知ってる?」と聞いてみましょう。もし知っていた場合は、おさらいとしてワークに取り組んでみると良いでしょう。

用意するもの
・暖色系の付箋(中サイズ)
・寒色系の付箋(中サイズがおすすめ)
・サインペンなどの筆記具

※参考 付箋中サイズ=75mm×25mm 少し大きめサイズでももちろんOK

ワークの手順

具体例として、ピンク色と水色の付箋を使った、お母さんとお子様のやり取りをご紹介します。

1.あったか言葉を書き出す

お子様が今までに言われて嬉しかった言葉をピンク色の付箋に一つずつ書き出し、テーブルに並べていきます。

【会話例】

指導者
今までに、●●ちゃんが言われて嬉しかった言葉って、どんな言葉かな?
お子様
うーん、「ありがとう」
指導者
そうだね!『ありがとう』って言われると嬉しくて、心がポカポカするよね。ほかには何があるかな?
お子様
うーん、『すごいね!』って褒められると嬉しいな
指導者
うんうん、お母様も『今日のご飯、すごいね!』って言われると嬉しくなるよ
お子様
うん! あとはね~

2.チクチク言葉を書き出す

お子様が今までに言われて悲しかった言葉を水色の付箋に一つずつ書き出し、テーブルに並べていきます。

指導者
じゃあ、次!今までに言われて悲しかった言葉とか傷ついた言葉は?
お子様
この前、学校の廊下で『邪魔!どけよ!』って言われて怖かった。
指導者
いきなりそんな風に言われたら、怖いよね。ほかにはあるかな?
お子様
転んじゃった時に『うわ、だっせー』って言われて、恥ずかしかった…
指導者
『ダサい』なんて言われたら嫌だよね

3.使いたい言葉をいっしょに考える

ここで初めて「あったか言葉」と「チクチク言葉」の説明をします。すでにお子様が知っている場合には、復習として確認していきましょう。
お子様によくわかるように、指導者がピンクの付箋に「あったか言葉」と書いて①の一番上に、水色の付箋に「チクチク言葉」と書いて②の一番上に貼ります。

指導者
ピンクは嬉しい言葉、水色は悲しい言葉だね。ピンクの言葉は心があったまるから『あったか言葉』と言います。こっちの水色の言葉は胸がチクチクする『チクチク言葉』と言います。
お子様
へえー
指導者
●●ちゃんは、この中で使ったことある言葉ある?
お子様
うん、ある
指導者
どれかな?教えて?
お子様
『ありがとう』『ごめんね』『バカ』は言ったことあると思う
指導者
あったか言葉をいっぱい使えてるね!じゃあ、お母さんが今から言う言葉はどっちか答えてみて。『かっこいいね!』は?
お子様
あったか言葉
指導者
正解!じゃあ、『デブ』は?
お子様
チクチク言葉!
指導者
そうだね、○○はあったか言葉をいっぱい使う子とチクチク言葉をいっぱい使う子、どっちと友達になりたい?
お子様
あったか言葉を言ってくれる子の方がいいな
指導者
お母さんもそう思う。じゃあ、●●ちゃんはどっちの言葉を使いたい?
お子様
あったか言葉に決まってるよ!
指導者
そうだよね、おうちでも学校でもあったか言葉をいっぱい使いたいね。
また来週、この1週間でどんなあったか言葉を使ったか聞くから、色んなところで使ってみよう!
お子様
わかった!

言葉がなかなか出てこない時は?

うれしかった言葉や嫌だった言葉がなかなか出てこない場合には、あらかじめ指導者が付箋に書き出しておくとよいでしょう。言葉をお子さんに分類させることで、言葉自体も増えていきます。ワークの取り組み方は、お子様の発達状況に合わせてアレンジしてみてください。
今回は付箋をテーブルに貼りましたが、小さなメモ用紙とテープでもよいですし、ノートに書いてマーカーで色分けしてもいいでしょう。取り組みやすく工夫してみてくださいね。

「ソーシャルスキルトレーニング」をおうちで行うのは難しいとお感じの方が多いかと思います。
四谷学院の療育通信講座「55レッスン」では、体系化されたカリキュラムを通して、ご自宅でソーシャルスキルトレーニングにも取り組めます。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
四谷学院では「子どもの発達障害」について子ども 保護者 支援者 それぞれの視点から多角的にサポートします。
  • お子様の講座はこちら
  • 保護者様の講座はこちら
  • 支援者の講座はこちら

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  ソーシャルスキル 心のケア・リラックス  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ