前の記事 » 
次の記事 » 

Q発達障害の孫のために、四谷学院の55レッスンは受けられますか?

  公開日:2018/12/18

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の生田です。

55ホームレッスンでは、お電話で受講前にご相談をいただくのですが、
おじい様やおばあ様からのお問い合わせが増えてきました。

「久しぶりに会った孫のことばが遅いようだ」
「両親が共働きなので、自分が何かしてあげたい」
「発達障害の孫のために何かしたい」
「祖父母から“55ホームレッスン”をプレゼントしたい」

こういったお言葉をよくいただきます。

家庭療育は身近な大人といっしょに

55ホームレッスンでは、お子様に「指導される方」を決めていただくようにしています。
指導者は、お子様の身近な大人の方であればどなたでも構いません。

たとえば、ご両親のほかに、おじい様やおばあ様、放課後等デイサービスの指導員の方、
あるいは家庭教師、シッターさんなどなど、継続的にお子様を指導できる方であればどなたでもOKです。

ご両親はお仕事で忙しく、なかなか時間が取れない・・・というご家庭の事情もありますよね。
孫を預かっている時間におばあちゃんが一緒に取り組むとか、
お母さんが下の子の面倒を見ている間にシッターさんに55ホームレッスンの指導をしてもらう、とか
様々なシチュエーションで活用していただいています。

おばあちゃんと5歳のK君の場合

K君は、5歳のときに55ホームレッスンのA段階からスタートしました。
一番気になることは「言葉が遅い」ということ。
指導は、おばあちゃんが担当することに。

二語文が少し出てきてはいるけれど、聞き取りにくい音もあり、
やりとりの中では完全に使えるものにはなっていないという状況でした。

1対1でのコミュニケーションの機会が増えた

おばあちゃん
55ホームレッスンの教材でやることを通して、1対1のコミュニケーションをとる機会がぐんと増えました。

K君は絵カードがとても気に入ったようで、すぐに覚えてしまったそうです。
気になっていた「ことばの遅さ」もなんのその自然と言葉が増えていきました。

おばあちゃん
スモールステップで無理なくできることが増えてきたので、集中力も養われました。

K君に落ち着きと達成感をもたらしたのは、何よりも大きな収穫です。

7歳になったK君

K君は順調に55ホームレッスンを続け、
一番最初のA段階から今は、小学校2年生に相当する「E段階」まで到達しました。

おばあちゃん
55ホームレッスンの教材に、とても興味をもって取り組むことができています。

就学前のA・B・C段階が大事だから…としっかり指導していただいたことで、
確実に歩みを進めていらっしゃいます。

おばあちゃん
保護者としても「指導書」で学習し、課題の目標を確認しながら進められるので、
迷いなく取り組むことができて、本当によかったと思っております。

一般的な子ども用の学習教材では詳しい「指導書」がついていません。
どのように指導したらいいか分からないことが多いのです。

55ホームレッスンの大きな特徴の1つが、充実した指導書なのです。
これによって、課題の目的やお子様の目標を確認しながら、進めていけます。

まとめ:孫と一緒に55ホームレッスンを楽しもう

「子どもに説明しても分かってもらえない」
という経験をお持ちではないでしょうか?

一般的にも、「自分が分かる」ことと「人に教えることができる」ことは異なります。
分かっているけど、うまく説明ができないということも多いでしょう。
しかし、お子様の発達の特性を踏まえることで、「伝わりやすく」することができます。
55ホームレッスンの「指導書」は、お子様への教えやすさのヒントになるはずです。

指導をするのは、お子様の身近な大人であれば、どなたでも構いません。
大好きなおじいちゃん、おばあちゃんと一緒であれば、55ホームレッスンがより楽しくなると思います。

「うちの孫はA段階から始めたらいいの?」
「孫の家に教材を送ってほしいのだけど」
「指導者は母親と祖母2人でもいい?」
などなど気になることがありましたら、ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

四谷学院の55ホームレッスンでは、一人ひとりに担任の先生がついて家庭療育をサポートいたします!

課題を通して個別にアドバイスをいたしますので、安心です!

詳しくはホームページをご覧ください。

 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事を見てみる  55ホームレッスンについて よくあるご相談  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。今後の記事作成の参考にさせていただき、より一層あなたのお役に立つ情報発信を目指します!
療育講座へのお問い合わせはお電話(0120-428022)もしくはWEBフォームにて受け付けております。
コメント内容をメルマガやブログで掲載させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。

このページの先頭へ